Translate

2017年11月21日火曜日

貴乃花親方をこらしめないとダメだ

テレビでは被害者貴ノ岩が悪い、という宣伝が始まった。
貴乃花親方をこらしめないと、とまで言い始めた。
貴乃花親方が相撲協会に恨みがある、とテレビは言うが、
実際は協会が貴乃花親方に恨みがあるということが良くわかった。
協会はもう貴乃花親方には仕事させない、という嫌がらせをはじめた。
相撲協会だから騒ぎになっているけど、
これを普通の会社だと思って見てみると、
すごくわかりやすい。

先日テレビで、普通の会社に当てはめて説明する弁護士がいた。
被害者の人権を守るのが大事だ、と言い。
被害者の平社員が、加害者の部長を告訴するのに、
被害届を出すかどうか、会社に相談する必要はない、ということでした。
弁護士の中にも、弱い立場の人を守る、という弁護士はいるのです。
しかし、隣にすわっていた年取った弁護士は、
相撲は特別な世界だ、と言い、治外法権か?と思う様なことを平気で言っていた。

貴ノ岩が相撲協会の聴取を受けないのは、
きっと一般的な聴取ではなく、叱責や言いくるめが行われるのが
わかっているからでしょう。
協会がただ事実関係を聞くだけ、なんてありえない。
協会に協力しないと相撲が続けられなくなる、とか脅してくるにきまってる。
ひょっとしたら、貴乃花親方に不利なことを言えば優遇する、
とか裏取引を持ち掛けるかもしれない、危ないあぶない。

貴ノ岩は仮病だとか、貴乃花親方が理事になりためにこの事件を利用している、
など、被害者を悪者にしようという悪意のあるテレビ番組ばかりだ。
テレビでは「すでに治っている」という報道も。
だったら怪我をさせてもいいんですか????
凶器で殴っても、流血事件をおこしても、たいした怪我じゃないようだし、
問題ない、という風潮の内容をテレビは放送している。
そして、モンゴルの教えとして「目下の者は目上の者を敬う」という話を持ち出して、
あたかも目下の者の無礼は殴られても仕方がない、
という話にもなってきている。

ビール瓶ではなかった、という話でも、ビール瓶じゃなければ、
殴ってもいいじゃないか、という風に聞こえてくるようになった。
こんな日本だから、いじめられた小学生は自殺するし、
若者の自殺は先進国の中で群を抜いて多い。
立場が弱いとやられてもなにもできない。
さらに、いじいめられてる人が悪者にされてしまう。
貴乃花親方には闘って勝ってほしい。

診断書については、2通あるのはおかしい、という話ばかりが取り上げられる。
数日前にテレビに出ていた医師は、
「後日精密検査をしたら、診断内容が変わることはよくあるし、普通です」
と言っていたが、その医師はもうテレビに呼ばれない。

今日相撲協会の評議会の議長はこう言った。
「報告してくれたら対処のしようがあったのに」
これって、事件を誤魔化せたのに、としか聞こえない。
そして貴ノ岩の診断書を書いた医師のことをこう言った。
「高いレベルだと思わない。高いレベルの所でちゃんと4つの分野(病名)
 においてしっかりと診察してその診断書がだされるべき」
ちょっとなに言っているかわからないけど、高飛車。
田舎の医者の診断書なんて信用できないのよね、ってこと。
失礼なことを平気で言う人だな。このおばさんは、
周囲の弱い立場の人に高圧的な態度をとる、嫌な人なのだということがわかります。

さらに、ある横綱審議委員は貴乃花親方のことをこう言ったという
「己の目的のために横綱という宝を利用するのはいかん」
さらにこうも言った「世論の流れ次第だ」
テレビで貴乃花親方の悪口を言いまくって、印象操作をして、
貴ノ岩を悪者にして、加害者に同情が集まるように仕向けて、
世間が許しているから、ということで
犯罪者横綱を処分しないようにしたい、ということのようだ。
大相撲中継というNHKの番組に、犯罪者が生出演する日が来るかもしれない。

2017年11月18日土曜日

加害者は嘘をつく

相撲の事件で、証言が食い違っているのは当たり前。
だいたい加害者が正直に本当のことを言うわけがありません。
だから警察は仕事があるの。
だから弁護士っていう職業があるの。
だから裁判所っていう場所があるんです。
自分が被害者になったらどうなるのか考えればすぐにわかること。
加害者は嘘をついて罪を逃れようとします。

あなたが被害者だとして、嘘をつく必要なんてないでしょう。
被害者は誠実に真実を話して、自分を救済してもらいたい、
と思うんじゃないでしょうか。
だから、嘘をついているのは加害者に決まっています。
テレビで、証言が食い違っていておかしい、というタイトルがついて
いるのだけど、そんな番組を作る方がおかしいのにね。

横綱日馬富士のしたことは、傷害罪にあたります。
テレビで暴行事件と言っているのは間違いです。
殴って相手が怪我をしていなければ暴行。
殴って相手が怪我をしたら傷害容疑となります。
こういう簡単な法律は学校で教えるべきでしょう。
http://best-legal.jp/the-bodily-harm-2446

暴行罪の刑罰は2年以下の懲役、または30万円以下の罰金。
傷害罪の刑罰は15年以下の懲役、または50万円以下の罰金です。
かなりの罪になります。

貴ノ岩は怪我をしている、日馬富士は殴ったことを認めている。
もう問題でもなんでもないです。
傷害事件です。
ですから、日馬富士は、傷害罪の容疑者として捜査の対象になっています。
それなのに横綱やめないのは本当におかしいことです。
テレビはわざとこのことに気づかせないようにするために、
いろいろな話を垂れ流しているようにしか見えません。

しかしここにきて、最近はスポーツ新聞などが、
たいした怪我じゃないじゃないか、と書き立てています。
しかし、以前知人が警察官に聞いた話では、
車を盗むより、軽くても人に怪我をさせる方が刑が重い、
というとでした

朝青龍という人がまたテレビで出ていますが、
彼の暴行事件では、示談が成立したので、かれは前科者にならなかったようです。
示談とは、被害者がお金をもらって相手を許すというシステムです。
札束積まれたら、誰だって示談に応じますよね。
でも今回貴乃花親方は示談にはしないでしょう。

だいたい被害届を出す、ということは、加害者を刑罰に処してください、
という意味なのです。
日馬富士を法律で裁いてください、と本気で思っているのでしょう。

相撲の世界には相撲のやり方がある、なんて時代錯誤なことを考えている
相撲協会は頭を冷やした方がいい。
相手に怪我をさせたら、法律で裁かれる、
日本は法治国家なんだから、
暴行横綱は観念した方がいい。

これからは学校でのいじめも、職場でのいじめ嫌がらせも、
被害者が相手を訴えて法律の則って罪を償わせる、
ということが普通の時代になるといいですね。

2017年11月17日金曜日

白鵬の会見

横綱白鵬が会見で「ビール瓶で殴っていない、私が喧嘩を止めた」
と報道陣の前で言ったのは、多分口止め。
後輩たちに「俺の話と違うことを言うな」というメッセージだったようだ。
テレビでも、横綱白鵬の発言は大きくとりあげられている。
この世界で最も力のある者がこのように圧力をかけたら、
立場の弱い人は、従うしかなくなる。
白鵬はとても悪い人のようだ。
白ではなく、黒だな。
もう、若い力士たちは本当のことを言うことができなくなった。
でも、被害届が出ていることで、警察と弁護士が正義を貫いてくれるでしょう。
弁護士を雇うお金もあるだろうし、親方が味方だから救われる。

テレビで加害者を「いい人」扱いしてるのは本当に不愉快だ。
本人が暴行を認めていて、被害者の診断書があって、
警察が捜査しいて、事件化しているのだから。
やった人は加害者、テレビで加害者をかばうなんておかしいでしょう。

被害者の親族が被害の状況を話しているが、
白鵬の話とは全く違う。
これは職場いじめでよくあること。
加害者は被害者が悪いと言うものなのです。
とにかく、被害者が「やられた」と言ったら絶対にやられているのです。

しかし警察はバカじゃないから、
あの怪我をするまでの暴行がどのようなものであったのかは、
捜査で明らかにできると信じたいです。

生意気なことをした、ということで被害者を悪く言うテレビだが、
だったら殺されてもいいのか?
殴って怪我をさせたら犯罪なんです。
こういう日本の風習は日本のどこにでも見られる。
被害者がやられても泣き寝入りをすることの多い日本の職場に、
この件では一矢報いて欲しい。

貴乃花親方にはがんばって弟子を守って欲しい。
相撲協会はきっと、貴乃花親方に「被害届を取り下げろ」と
脅しているのではないかと思う。

権力とパワハラと組織を守る老人たち。
これは映画より面白い。
貴乃花親方の闘いが主軸になるから、苦悩する主人公は貴乃花親方だな。

しかし、もしビール瓶の件で、白鵬の発言が嘘だとわかったら、
彼はどうするんだろう、辞めてほしいな。
ビール瓶は割れなかったのだろうか。
現場検証すればわかることだろうに。

さらに怖いのが、日馬富士はこう言ったという
「今度また生意気なことを言ったら殴る」

2017年11月16日木曜日

貴乃花親方がんばれ

日馬富士の暴行事件で貴乃花親方の「行動が不可解」
なんて報道している新聞はバカだな、と思う。
なんで相撲協会に報告しなかったんだ、なんて、理由はサルでもわかる。
報告したら、うちうちで解決する、つまり隠蔽するってこと。
これから親方の闘いを、国民が応援しないと、本当に潰されてしまう。
彼は正義感の強い人なのだろう。
弱い立場の弟子を守るために、立ち上がったのだと思う。
親方を応援するのは、一般の人たちしかいない。
相撲協会の連中はみんな敵なんだから。
みんなで応援しないと、と思う。
でも、相撲協会の元老院たちに歯向かって、生きていけるのだろうか。
なんだか、韓流ドラマより危ない展開なのではないか、
と心配してしまいます。

強い立場を利用して、後輩を殴るような人は、もうテレビに映らないでほしい。
立場が上なら、なんでもしていい、とでも思っているのだろう。
相撲は格闘技なんだから、殴ったら人間は壊れてしまうでしょう。
たまたま生きていて良かった、というレベルだが、
ひょっとしたら、相当具合が悪い、という噂もあるらしい。

うちの子どもが幼稚園で頭を打って、先生からすぐ病院に行ってください、
と言われて、行った病院に、たまたま脳外科の先生がいて、
その時聞いた話を思い出した。
子供はこぶができただけでしたが。

頭の前後は頭蓋骨が硬いから、そんなに心配いらないけど、
耳の上は弱いし、神経も多く通っているから、特に注意しないといけない。
とその医師は言っていました。
今回被害者は、耳にも障害が出ている、というので、とても危険なんです。

さらに医師は、頭をぶつけると、その時はなんともなくても、
1週間後、1っか月後に、ころっと死んでしまうこともあるんです。
と言っていました。

注意しないといけないのは、
頭をぶつけた後に、よく寝るような場合です。
寝ているように見えて、意識がなくなっていたりするそうです。
この場合はかなり危ないです。
後遺症が残ったら、普通の生活すらできなくなってしまうのです。

きっと加害者は前後の見境がなかったのでしょう。
怖いですね。
普通の事件だったら、犯人が逮捕されるまで、子供は集団登校になったり
するんですけどね、なんで犯人は野放なんでしょう。
しかし、周りに人がいたのに、そこまでやられてしまうなんて、
おかしいですよね。
誰も止めなかったようです(テレビでそう言う関係者がいました)
止めたら、自分もやられる側になってしまうからでしょう。
止めなかった横綱白鳳が、テレビで普通に話していましたが、
この人もおかしいでしょう。
いじめを見て見ぬふりをしていたら、同罪です。

政府がコメントしているようなので、
被害届より先に貴乃花親方が相撲協会に報告したら、
政治家とかも介入して、みんなで隠蔽したのではないでしょうか。
それでは警察も動けなくなってしまいます。
そう考えれば、貴乃花親方の行動は先手必勝、あれしかなかったのでしょう。
どんな立場にあろうとも、どんな業界だろうと、殴ったら傷害罪です。
横綱だから守るなんてとんでもない。
早く逮捕されて牢屋に入ってほしいです。

2017年11月14日火曜日

インフルエンザの予防接種を受けました

1件目のクリニックは「もうありません、入荷の予定も未定」
ということでした。
近所ならどこでもいいので、次のクリニックへ。

ここにはありました。
3600円でした。
このクリニックは、医師の診察なしで、看護師が注射をしました。
医師の顔を見ることもありませんでした。
こんなのでいいのか?と思いましたが、まあいいや。
帰りにふと見ると、3000円のクリニックがありました(笑)
虎の門病院は6000円でした、たか・・・・

テレビで連日ワクチン不足が報道されていますが、
テレビでは、大きい病院が買い占めたのも原因と言っていました。
これも力関係なのでしょうか。

今年のワクチン不足は、4つの株のうち、全ての製薬会社が、
3つの株しか作れなかったので、急きょ「去年のでいいや」
ということなったのが原因とされています。
4つの株で作るというのが決まりだから、ということでした。
だったら3つでいい、という融通がきかないものでしょうか。
それに「去年のでいいや」ってなんだよ、と国民は思わないのでしょうか。

WHOが予測した今年流行る予定の株の予防接種ではないのです。
テレビでは、それにかなり近い株だから、と言っていましたが、
なんかいい加減ですね。

今年南半球で流行ったのはA型ではH3N2が多く、
次はH1N1、B型の種類はWHOのホームページには詳しく書かれていませんでした。
それが北半球にくるでしょうから、それを接種するのかな。
私が受けた予防接種にはそれらが入っていました。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-m/flutoppage/2066-idsc/related/584-atpcs002.html
国立感染症研究所です。
私のように呼吸器に病気のある人は命にかかわるから心配ですよね。
ま、だいじょぶなんじゃないか、という感じです。

日本という国は、老人のために全てを捧げている国なので、
今回の予防接種も老人たちが優先してうけたのでしょう。
小児科ではワクチン不足で、多くの子供が受けられないでいます。
呼吸器に疾患のある人も優先されることなどありません。
昔アメリカの老人たちは、ワクチンを子供たちに、と言って辞退した、
という美談がありますが、日本では絶対にないな。

今年のインフルエンザの流行は早くて、ピークは11月下旬と言われています。
そして予防接種の免疫がつくまでに2週間かかるそうです。
私は7日にうけたので、間に合いそうです。

2017年11月12日日曜日

虎の門病院待ち時間

予約の時間に行くと1時間から1時間半くらい待つ、というのが
今まで行った感じですが、
先生や科によっても違うのでしょう。
しかし、待ち時間はどこも長いようなので、
最近「虎の門クリニック」を開院したそうです。
http://akatora-clinic.com/index.html
病院でもらったチラシには、虎の門病院と同レベルの治療、
と書いてありましたから、
病院の先生がこちらで診察してるのでしょうか。
それなら、私の病気、非結核性抗酸菌症のような病気でも診察できるでしょう。

クリニックなので、病院よりは待ち時間が短いと思われますし、
紹介状もいらないでしょう。
系列のクリニックなので、入院や検査などは虎の門病院に紹介してくれるようです。

私が虎の門病院に行った時は、待ち時間が1時間以上あるので、
近くの虎ノ門ヒルズに行ったり、カスミダイニングに行ったりしました。
https://mitsui-shopping-park.com/urban/floorguide.php?iid=0011
カスミダイニングを通り抜けて、奥の階段を上がると、
ちょうど文部科学省の裏に出るのですが、
ここに噴水広場があって、周りにはスタバや飲食店があり、
会計検査院のビルの中にはコンビニやお弁当屋もあります。
この部分には誰でも入れます。
天気が良ければベンチでお弁当を食べられます。
どこも病院から5分くらいです。

11時に診察室の前に掲示されていたのが「今診察しているのは10時の予約」
と書かれていたので、1時間はかかるだろう、と推察しました。
それでも一応心配だったので、受付で待っている人数を聞いてみました。
9人だったので、1時間以上かかりますよね、と聞いたら、
そうですね、ということでしたので、外に出てみました。
呼ばれた時にいないとどうなるのか、今度聞いてみましょう。

2017年11月8日水曜日

診察でした

虎の門病院2回目です。
11時の予約でしたが、11時少し前に行くと、まだ10時の予約の診察中でした。
私の前に9人待っている、ということで、
外で時間をつぶそうと思い、今日は虎ノ門ヒルズに行ってみました。
歩いて数分、エスカレーターを上がったテラスでスマホをしていました。
帰りに見たら、芝生があったので、こっちの方が良かったな、
などと思いながら、1時間くらいで病院に戻りました。
診察状況のテレビを見ると、あと3人でした。
それでも診察したのは12時半だったので、もう少しゆっくりしてもよかったかな。

1か月前に血を吐いてからCTを撮ったのですが、
1か月経っているので、もう一回撮りましょう、ということで、
数日前に新しく撮ったCTの画像を見ながらお話です。

先生は、1か月前と比べるとかなり影が薄くなって、よくなっています、
と言います。
見比べると、影が消えてはいませんが、随分薄くなっています。
自覚症状もよくなっていて、痰も少ないので、
ジェニナックが効いたということです。

症状がある時に1回、薬を飲んで1か月後にもう1回CTを撮るなんて、
そうあることではないので、
飲んだ薬の効果をこんなにわかりやすく見ることも少ないでしょう。
肺の影って、こんなに簡単になくなるんだ、いや~なんとも言えませんね。
いい薬ができたら、非結核性抗酸菌症はすぐに治ってしまうかもしれませんね。

そういうわけで、今すぐ3種類の薬を飲む必要はないでしょう。
ということになり、今回は例の薬は出ませんでした。
今まで同様、エリスロシンでいいでしょう、ということです。
エリスロシンについて聞いてみると、
この薬は、新しい感染を抑えたり、肺の機能を改善するそうです。
耐性もできにくいらしいので、長期に飲んでも大丈夫と言われています。

次は1月の予約です。
もし具合が悪くなったらどうしたらいいでしょうか、と聞くと、
予約ではない日でも、受付で具合が悪い、と言って来てください、
ということでした。
予約がなくても診てくれるそうです。
また、先生のいない日は、他の呼吸器内科の先生が診てくれるそうです。
それなら安心。
土曜日や連休は休みですけどね。