Translate

2018年2月21日水曜日

ステロイドで末期の苦痛を緩和

ステロイドは魔法の薬とも言われ、膠原病、癌、気管支喘息、皮膚疾患など
様々な治療に使われる薬です。
もちろんその陰には様々で深刻な副作用があります。
最近はこの副作用の怖ろしさの方が協調され、怖い薬として有名です。
http://www7.plala.or.jp/machikun/katakoii1.htm

ステロイドはもともと体の中で作られている物質です。
人間はこれがないと生きていけません。
それを長期に投与することで、体内での生産が少なくなってしまうと
大変なので、この薬は少しずつ減らしていって止めることになっています。
ですから短期間の投与では大きな問題はない、と言われています。

ステロイド投与中は、人込みを避け、マスクをするように言われます。
免疫力が落ち、感染症にかかりやすくなるからです。
もともと感染症の患者への投与は慎重になります。

ステロイドには体の炎症を抑える働きがあります。
これには細菌感染やウイルス感染は除かれます。
炎症が原因の病気は無数にあるので、とりあえず治療法に困ったら使う、
というところもあるようです。
実際治ってしまうことも多いからです。

これで最近末期がんの苦痛緩和にステロイドを使ったら
苦痛が緩和されて、患者の生活の質が上がった、という話があります。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20130925132706571
もちろん癌がよくなったわけではありません。
しかし、ある患者では肺がんの痛みが緩和され、呼吸の苦しさも減っていき、
食事量も増えていきました。
医師もその効果に驚いたと言います。
ステロイドは癌の痛み、食欲不振、吐き気、倦怠感、呼吸困難、浮腫に
効果があるのです。
まだこの使い方は広まってはいないようです。

私は最近耳の調子が悪く、耳鼻科でステロイドを出してもらいましたが、
炎症に効果があるからでしょうか、
痰が少なくなりました。
もちろん感染症である、非結核性抗酸菌症の治療では使いません。

2018年2月19日月曜日

メニレットでくしゃみ

「メニレット」という利尿剤、蒟蒻ゼリーみたいな形のゼリー状です。
耳の調子が悪いので耳鼻科に行くとだしてくれました。
私はこれを口に入れた瞬間から続けてものすごくいくしゃみが出るのです。
飲み込むのが困難なくらい。
身体が異物として拒否しているんじゃないかと思うくらいです。

薬剤師さんに電話で聞くと「今までそんな話は聞いたことがない」
と言い、医師に相談してください、と言います。
しかし、ネットで調べたら、やはりくしゃみが出る、
と書いている人が数人いました、どれも個人の感想みたいに書かれています。
それはインスタにもありました。

重大な副作用ではないから、まあいいかな、と思いますが、
薬剤師さんでも知らないことがあるのですね。
そういう情報は共有されないのでしょうか。
薬の副作用はSNSで検索するのもいいかもしれません。

はじめ突発性難聴になって、それが再発して、
その後仕事先で嫌がらせをされてめまいが再発してしまいました。
こういうのが繰り返すようだとメニエール病かもしれない、
と言われてしまいました。

今回は耳にちょっと違和感があるのです。
聞こえにくいような、耳鳴りが大きいような、閉塞感が少しあって。
耳鳴りは後遺症として残ってしまいまして、
静かな夜などにはシャーっという音が気になるのですが、
外に居る時には何も聞こえません。

ある医師は、耳鳴りは気にしたらダメ、と言っていました。
英語のサイトをいろいろ調べましたが、
今の医学では耳鳴りを治すことはできないようです。
あるサイトには、世界中の治療や民間療法を試した人がいて、
その人が、何をやっても治らなかった、と書いているほどです。

今回も心配なので、耳鼻科に行くと、メニエールでも出される薬を
ひととおり出してくれました。
少し心配だ、と言うとステロイドも出してくれました。
今までも、耳が聞こえなくなった時はステロイドで治っています。

私はワインを口に入れるとやはりこのように一口で必ずくしゃみをします。
私はワインをグラス1杯飲んだら必ず戻してしまいます。
身体に合わないのか、効きすぎるのか。

メニレットは不味くて有名な薬です。
それが改善されてなおこの不味さだそうです。
コーヒーにビールを混ぜたような味なのです。
それで、どうしたらおいしく食べられるか、という書き込みがたくさんあります。
きな粉と黒蜜で信玄餅みたいにな味になる、というのが一番おいしそうです。
でも、私がこれをやったら、くしゃみできな粉が吹き飛んでしまいます。
薬剤師さんに、止めましょうと言われたのでもう食べませんが。

2018年2月18日日曜日

抗生物質を出さない医師にご褒美

厚生労働省は、風邪の小児科患者に抗生物質を出さなければ、
診療報酬80点、800円を請求できるように診療報酬を改定するという。
https://www.asahi.com/articles/ASL277TGNL27ULBJ020.html
これによって抗生物質の使用を減らしていきたい、とのことですが、
これは3歳未満の患者に限られていて、
まだまだ本気でやってないな、という感じです。
それに加えて、病院内で耐性菌に関する教育を行うことにも報酬を出す。
お金を出す以外の対策はないのでしょうか。

現在病院では、風邪の患者の6割以上に抗生物質を出しているという。
風邪の原因の9割はウイルスが原因のため、
この抗生物質の大半は無駄に投与されていることになる。

小児科では鼻水などが10日間以上続き、咳もある、39度以上の熱と、
膿状の鼻水が3日以上続く時、抗生物質の投与を考える、
ということになっているようですが、
実際はちょっと熱がある、鼻が出始めた、
くらいですぐ抗生物質を出しますよね。

2015年に病院で見つかった黄色ブドウ球菌の約半数は耐性菌だった、
という怖ろしい状態です。
よく出される抗生物質は、フロモックス、クラビット、クラリス
があげられています。
よく使われている、ということは、これらが効果をなくす日が近い、
ということです。

厚労省もやっと重い腰を上げたのか、と思ったら、
やはり外から言われたのですね、やりなさい、と(笑)
2015年の世界保健総会では、薬剤耐性にたいするアクションを2017年までに
するように求められていたのです。
それがこれだとしたら、ちょっとお粗末かな。



2018年2月16日金曜日

HUAWEIのスマホは危険?

アメリカFBIとCIAは、HUAWEIとAT&Tなどの中国企業のスマホは、
国家のセキュリティを危険さらす、として
国内での使用をさせないように圧力をかけているようで、
アメリカ国内での販売はできないようです。

日本は普通に販売してるよ。
私は秋葉原で買いました。
毎日使ってます、画質もいいし、問題ないです。

問題とされているのは、アメリカ国内での使用によって、
アメリカの通信インフラをコントロールする能力を与えてしまう、
ということと、情報操作、情報漏洩、スパイ行為にもつながる、
と言う点が懸念される、と報道されています。
日本政府の見解が聞きたいですね。
スマホは日本企業のを使わないと危険だ、と言ってほしいですね。

2018年2月15日木曜日

家の中での足の冷えに

2017~2018の冬は本当に寒かった。
これは気象庁の数字にも出ています。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s3.php?prec_no=44&block_no=47662
1月の東京の最低気温の平均は、1月が0.6度、2月は0.1度でした。
かろうじてマイナスにならなかった、という状態。
しかし、異常気象というほどではないようです。

この20年ほどが暖か過ぎたのです。
東京2月の最低気温の平均が5度という年もあったくらいです。
私が生まれる前の東京最低気温は1月2月はマイナスが普通でした。
今年は水道が凍った、といって騒がれましたが、
私が子供のころはいつも水道を出しっぱなしにして寝たものです。

家の中で暖かく過ごすのに、昔は厚手の靴下をはいたり、
もこもこのスリッパをはいたりしていましたが、
最近はそんなものでは足りないので、
家の中でもムートンのブーツをはいています。
もちろん家用に買ったものです。

それでもつま先が冷たくなるので、
つま先の方に小さい使い捨てカイロを入れています。
これで足が冷たくなることがなくなりました。
靴用のカイロは高いので、小さめの貼らないカイロにしています。

夕方は特に体が冷えてきます。
そういう時は早めにお風呂に入っています。
入浴中に頭を洗うと寒いので、頭は洋服を着たまま事前に洗っています。

寒い日は家の中でもダウンのコートを着ています。
部屋を暖めても、台所やトイレは寒いですから。
寝るとき布団の足元にダウンのコートを布団の足元にかけておくと
足元が暖かいです。
トイレに行く時に羽織るのにも便利ですし、
万一地震、なんて時にも役にたつでしょう。

身体の冷えは万病の元、と言われています。
癌治療に携わる医師も、体を冷やしている患者は具合が悪いことが多い、
と言います。
https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/140.html
気管支喘息やCOPDという呼吸器の患者さんは、
肺に冷えを感じる、と言うそうです。
肺には神経がないので、感じることはないそうですが、
なんとなく胸のあたりが冷たくなるのでしょうか。

西洋医学では冷えという病名はないそうです。
でも、東洋医学では冷えは大問題になります。

また、冷えとストレスは大きな関係があるそうです。
ストレスを感じると交感神経が働き、末梢血管収縮して流れる血液の量が
少なくなって手足が冷たく感じます。
冷えとストレスを感じる人には、日光に当たらない、歩かない、
という人が多いと言います。
天気のいい日は外でウォーキングやジョギング、が健康にいいようです。
最近では「温活」という言葉も使われるようになりました。
温活で免疫力もアップできます。
もうすぐ春、この寒さももう少しです。

2018年2月13日火曜日

病院のテレビはレンタル

病院の入院ベッドの横に必ずある、テレビ。
あれはレンタルされているものが大半のようです。
今後NHKの受信料のせいで、病室のテレビがなくなる可能性があります。

昭和53年には、公立病院が、受信料支払い免除の対象ではなくなり、
支払いを要求されるようになりました。
現在でも福祉施設などは免除されているようですが、
介護施設には払わせています。
老人はテレビないと生きられないから、こういう所から厳しく徴収するようです。

レンタル業者もたくさんあって、テレビシステム運営協会には36社が加盟。
病院では、部屋に設置したテレビには、テレビ1つづつに受信料契約をさせられます。
この支払はレンタル業者に課せられます。
そのことを受信料取り立てアルバイトは当然知っていながら、
病院に来て「テレビのある室数分の受信料を払ってください、70万円です」
と病院にも払わせようとしたそうです。
http://icoconsul.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-990a.html
これは2重取りで、詐欺、ホント、悪質。

こちらの病院にも詐欺まがいの受信料支払い要求をされた、と
医師が怒りを込めてブログに書いています。
http://intmed.exblog.jp/1618258/
(この先生のブログ面白いです)
取り立てアルバイトは「未払いが続いているので、しかるべき手段に訴えますよ」
と脅迫まがいのことを言ったそうです。
医師が「支払いはテレビのレンタル業者がするものです」と言うと、
アルバイトは医師に「あんたは常識のない人だな」とまで言ったそうです。
この話は社会的地位のある医師の言うことだから、
信じる人も多いでしょう。

テレビのレンタル業者は、1室1契約では経営が成り立たない、として、
この協会では受信料を全部は支払っていませんでした。
その額40億円。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/kohei_futan/pdf/070727_2_si3.pdf
この協会では、11室に1契約で支払っていて、全国16万台の受信料が利益の3分の1
を占めるほどの負担になっています。
これを1室1契約にすると、8億2700万円、大赤字で倒産。
そうすると病室のテレビがなくなります。
これを入院患者に支払わせるとしたら、
1000円のテレビカードで30分くらいしか見られなくなるかもしれません。
極悪NHK。

2018年2月11日日曜日

アル中改善する薬

クイーンズランド工科大学の神経の研究者は、アルコール消費が多くておこる
脳の障害を改善する薬を発見した。
発見したと言っも、この薬は、中国と日本ですでに広く普通に使われている。
そして、それ以外の国では使われていない薬だった。
ラットの実験ではアルコール離脱に伴う不安を改善できるた。

その薬はタンドスピロン(商品名セディール)。
セロトニンに働きかけて不安を改善する薬だ。
https://kusuri-jouhou.com/medi/sleep/tandospirone.html

アルコールの大量摂取で、脳の神経は成長を妨げられる。
しかしこの薬によって、その障害を逆転できるという。
https://www.deccanchronicle.com/lifestyle/health-and-wellbeing/100218/heres-a-drug-that-could-reverse-alcohols-damaging-effects-on-brain.html

そしてこの薬はアルコール依存症でのアルコール離脱による
不安行動を停止されるのに有効だと示した。

日本で使われている抗不安薬はほとんどがベンゾジアゼピン系なのだが、
このセディールだけはニューロンに作用する薬で系統が違います。
この作用がアルコール依存症に有効なのです。
http://cocoromi-cl.jp/about/antianxiety
この病院のサイトは抗不安薬について詳しく書かれています。

近所に毎日何度もビール2本を買いに行く高齢男性がいます。
一人はどんどん痩せていきますし、
もう一人は最近ウイスキーの瓶を毎日買うようになりました。
家族がいないのか、いても何も言えないのかもしれません。
こういう人は酒は買っても食品は買わないのです。

セディールという薬を飲めば飲酒をやめられる、ということではないと言います。
飲酒を止める時の脳の異常な反応を抑えることができるというでけなので、
飲酒をやめるのは、やはり本人の意思、ということになります。
私はお酒を飲めないので、
お酒を止められないという状態が全く理解できません。

お酒は脳のニューロンには特に有害です。
脳の中枢神経系は数十億のニューロンでできています。
末梢神経はニューロンを含み、身体中に情報を運んでいます。
ニューロンは体の中でも特にアルコールに敏感です。
そしてアルコールがこれらの神経に接触すると、この細胞が変化し、
それによってその人の行動に変化が現れます。
http://sciencenetlinks.com/student-teacher-sheets/alcohol-and-your-brain/
簡単に言うと、脳が減速していくのです。
将来の痴呆症との関係が気になります。
お酒と痴呆症の関係はお酒メーカーへの配慮なのでしょうか、
全く聞くことがありませんね。

子どもが、友達はみんなお酒を飲んだことがある、
と言います。
それも親が一緒に飲むというのです。
大人でも脳には影響があるのですから、
子どもに飲ませてはいけません。