Translate

2016年6月16日木曜日

東京で部屋を借ります。

引っ越すことになりました。
1件目の不動産屋には、早く契約しないと、ほかの人が契約してしまいますよ、
と言われたのですが、
やっぱり汚かったな、と思って、やめました。
そんなに、どんどん部屋が決まるのでしょうか。
6月はジューンブライドでお部屋がどんどん決まっていく、と言われましたが、
今どき、ジューンブライドなんて言葉を若い人が使うのだろうか?
その時期その時期のよってこういう決まり文句があるのかもしれません。

今は不動産屋に来てから決める人はほとんどいないのだそうです。
みんな来店する前にネットで決めてきて、
見に行ったら想像と違ってほかを見ることになるようです。
ネットには修正した美しすぎる写真が載っているのですから、当然です。
思いっきり光を入れて画面を明るくした写真が掲載されていました。
実際見に行ったら、南向きではないので、部屋の中が暗くて、写真のような
きれいで明るい部屋なんかではありませんでした。
写真の修整なんて、中学生でもできる、とうちの子が言います。
ネットの時代ですね。

しかも家賃で決めて、よーく見ると、なんだかんだで1万円も高くなったりします。
だったら最初から支払い金額を表示してよ、と思います。
一番ひどい物件には、家賃4万5千円で、共益費が1万5千円。
それは家賃6万円ですよ。
東京でも東の果ては、治安も悪く、住んでいる住民のマナーもいまいちなので、
家賃が安いです。
安いからと、お土地柄を知らないで家を買う人も多いのです。
安いのは理由があります。

テレビでCMをやっているお部屋探しのサイトを見ていきました。
こういうサイトは、沢山の不動産屋の集積サイトでした。
沢山の物件が載っているのは、沢山の不動産屋が参加しているからなのでした。
サイトから連絡が行くと、各不動産屋から電話がかかってきます。
体を動かして働くのは地元の不動産屋です。
こういうサイトに参加していなかったら、地元不動産屋は、もう仕事はないんだろうな。
東京23区で、2DK、家賃5万円ってすごく安い。
大丈夫かな、と思って見に行きました。

やはり行かなければ良かったです。
不動産屋の車で目的のマンション前に着くと、不動産屋さんが言いました
「あ、鍵忘れた」
あわてて店に戻る途中、警察官に止められます
「今の所、一時停止だったんだけど、気が付かなかった?」
今仕事中なので、あとで交番に行きます、ということでマンションへ。
そのマンションは、幹線道路沿いで、窓が2重窓です。
ダンプの音がゴーゴーと響いて、窓を開けることができません。
これが東京。
おまけに部屋は転居したばかりでものすごく汚いのです。

さて、次のマンションはまあ普通でした。
これでいいかな、と思って申し込みをしました。
でも、この後いいお話があったので、キャンセルすることになりました。
キャンセルの電話をすると、
何が原因でキャンセルなんでしょうか?と聞かれました。
ここは初めに27万円支払うことになっていましたが、これが高いでしょうか?
と言います。「そうですね・・」と言うと、
5万円も安くなりますがどうでしょう、と言います。
へ~ごねると安くなるんだ、とビックリです。
きっとなかなか埋まらなくて困っていた物件なのでしょう。
でも、これはキャンセル。

引越しは大変です。
でも、今住んでいる町が嫌いだったので・・・って20年住んでいましたが、
やっと出られてうれしいです。
最近年をとったせいか、なにか目に見えないようなものを感じることがあります。
どういう言葉で書いたらいいのかわかりませんが。
たとえば、高等裁判所のような所は、死刑判決もでますので、
人の怨念のようなものがあったりするのでは・・
と思うと、空気が重く感じたり、建物から妖気が発しているような・・・
病院の集中治療室にお見舞いに入った時には、気分が悪くなりました。
拘置所の職員に用があって行った時には、
呼吸が苦しくなるくらい、空気が重く感じました。

土地柄っていうのもそうです。
今住んでいる所は、とてもそういう意味で悪い所です。
川の近くの土地が安いのは、そういう悪いものがあるので安いのですが、
最近は交通の便だけで家を買う人が多いので、
ここは土地も家賃もとても高いです。
昔は海抜の高い山の手の土地が高かったのですが、
最近は、東京ならどこでも高いので、ここが悪い所だということが忘れられているのです。
マンションはすぐに完売するし、小さい個建て住宅もすぐに売れます。
いつ水害があって沈んでしまうかわからない所なのにね。

2016年6月1日水曜日

神経痛の薬「リリカ」

腰痛は、14年前のぎっくり腰からなのですが、
ちゃんと治そうと思って、整形外科へ。
どうせダメだろうな、と思ったのですが。
やはり腰痛を根本的に治す治療はないようです。

私はこの番組でもやっていた、おしり神経障害なんじゃないかと思っています。
http://www.nhk.or.jp/kenko/choice/archives/2016/04/0423.html

ただ、痛みを止める治療だけは以前よりよくなっているようです。
その一つが注射、そして飲み薬「リリカ」
リリカは、鎮痛剤ではなく、神経痛の治療薬です。
脳に伝わる痛みを減らすように働く神経に作用するという効果もあるそうです。
http://www.fizz-di.jp/archives/1043861540.html
神経の痛みをブロックする注射には、痛みを徐々に減らしてく効果も期待できるそうです。

しかし私はこの薬の副作用、眠くなるや、くらくらする、という症状がでるので、
寝る前しか飲めません。
この薬には不安障害に作用する効果がある、と報告されています。
飲むと幸せを感じるんでしょうか?
この使い方はまだ日本では保険適応されていません。
このように、ほかの病気に対する効果が確認されたら、
早くその症状にも使えるようにすればいいのに、といつも思います。
だって、副作用はすでに確認済みなのですから。
でも、「腰がいたいので」と言って整形外科で出してもらうことは普通にできますので、
不安解消に飲みたい人は、整形外科でもらうことはできます。

テレビで、アフリカ人は骨の作りが日本人とはちがうので、
そういう骨格のアフリカ人は腰痛にならない、と言っていました。
腰痛は日本人の骨格では避けられないようです。
使い捨てカイロで温めるのがいい、と言っていました。
冬はいいのですが、これからの季節には無理ですよね。
困ったものです。