Translate

2017年6月16日金曜日

国民は政府にバカだと思われている

加計学園問題は、本当に国民をバカにしている、
と日本人は、思わないのだろうか。
もっと私たちは賢くならなければ。
自民を支持する人は、株でもうけて経済対策などを支持しているらしい。
でも悪い政治家を支持して欲しくない。

文部科学省と内閣府の言っていることが違う、
つまりどちらかが嘘をついている、
そんなこと、名探偵コナンじゃなくてもわかるでしょうに。
それを官房長官は「違うのが自然」だと?おかしいよねこの人。
それ意見じゃないから、調査結果だから。
2つの調査結果が違うのだから、やり直すのが普通でしょう。
これで国民が納得する、と思うなんて、
本当に私たちはバカだと思われているんだな。

特区にして規制緩和することに話をすり替えているのも頭にくる。
特区は利害関係者がいたらいけないらしいのですが、
安部総理の最側近の萩生田官房副長官は、加計学園系列の大学で名誉客員教授を
している、つまり加計学園からお金をもらっている立場である。

内閣府から文科省にあてた新なメールが出てきて、ここには
加計学園しか残らないように条件を修正した証拠があるという。
内閣府は常に「メモはなくした、作ってない、見当たらない」と繰り返していたが、
実はあった。
この萩生田さんが内閣府に指示をした、とされています。
このメールを文科省が出したことが文科省の乱と言われている。
このメールを作ったのは、若い文科省の役人とされ、この人に対して、山本大臣は
「文科省から出向してきた役人が、陰に隠れて文科省に送ったメール」
と言った。
文科省出身の若手職員が噂話をもとに勝手に書いた、とされた。
この職員の人、かわいそう、全てをなすりつけられてしまったよ。
また、内閣府の審議官にすごく怒られたらしい。
人の名前などが出てくることについて内閣府審議官は、
「勘違いは起こり得るでしょう」と言って誤魔化した。

しかし、このメールについて、ある文科省の幹部は
「打ち合わせの後に藤原審議官からの指示を受けて書いたメールであるのは
 明らかだ、若手にすべてをなすりつけて幕引きを図るなんて、許せない」
と言った、と報道ステーションでは報道していた。

前川さんが、出会い系のお店に出入りしてたから、
こんな人信用できない、と官房長官が言いましたが、
それだと、日本のほとんどの男性は信用できないことになる。
繁華街はああいうお店でいっぱい、
ということは、そういう店に行く人がいつでもいっぱいいるってことです。

さらに官房長官は嘘をついている。
前川さんが、役所をやめたがらなく、地位にしがみついて困った、と言ったが、
実際は「やめないで」と官房長官自身がひきとめたという。
普通は嘘をつく人を信用できないっていうんだよ、官房長官さん。
あなたは本当に信用できない。
一度ついた嘘をごまかすために、どんどん泥沼にはまっていく。

この官房長官への質問が鋭くて、東京新聞の望月記者が今脚光を浴びている。
私は東京新聞が好きです(とってはいないんですけどね、ごめんなさい、笑)
この記者の質問はこちらに詳しく書かれています。
他の記者がただ黙って官房長官のウソを聞いていいるのに、
この記者だけは、何度も質問をしていた。
それで官房長官が同じ返事を繰り返すと、他の人が
「同じ質問はなんどもしないでください」と言うが、それに対して記者は
「納得のできる答えがいただけないので質問を繰り返しています、すいません」
と、謝るのは私もテレビで見た、それが彼女だったのか。
ちゃんと答えない官房長官が悪い。
質問しない、他の記者が情けない。
メールの調査についても「もう一度調査して公開するお考えはありませんか」
と質問、官房長官はまともに返答せずに、ぐだぐだ言ったけど、
結局調査をすることになったのは、
彼女のお陰だと思う。

アメリカではスパイサー報道官が菅官房長官のような態度をすると、
アメリカのマスコミに、嘘つき、バカ、と書かれるらしい。
やはり新聞読むなら、東京新聞だな(笑)

0 件のコメント: