Translate

2017年6月8日木曜日

塩崎大臣、受動喫煙対策、がんばれ!

自民党にこんな気骨のある大臣がいるなんて、信じられません。
塩崎大臣がんばれ!絶対折れるな!
自民党のダメな議員どもに正面から物を言える素晴らしい人です。
テレビで、政治に詳しい記者が「自民にここまで反対意見をいう大臣は異例」
と言っていました。

これを応援するような厚生労働省のサイトがあります。
http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000139877.html
ここには塩崎大臣の受動喫煙に対する信念が書かれています。
大臣は「日本では常識でないことが行われている」とまで言っています。
まず、日本の受動喫煙対策は先進国で最低であること。
オリンピックを開催する国では、中国でさえ受動喫煙対策には万全を期していたこと。
受動喫煙の被害にあわないようにする、というのは世界の常識であって、
自民党の案に妥協したのでは、世界中に恥をさらすことになる。

テレビでは塩崎大臣の信念には次のようなものもある、と言っていました。
タバコを吸わない人が受動喫煙で健康に害を受けるというのは科学的に証明されて
いる、ということ。

電子タバコについては、タバコと同じような害がある、という説や、
そうではない、という意見もあってこれからの課題だとしています。
どうせJTの献金をうけた議員が、電子タバコは安全、とか言いだすんだろう。

自民党の中には「タバコ議連」などというくだらない団体があるらしい。
自民、田村政調会長代理は
「厚労省は自民の案を作って固めれば厚労省は従わなければならなくなるだろう」
と、自民案に賛成しない議員に圧力をかけ、口封じをした、という。
http://blogos.com/article/226374/

一方東京都では、厚労省案並みの子供をタバコから守る受動喫煙案が
出ていて、今度の東京都議員選挙で自民は減れば、これが条例化されるそうです。
東京が先陣を切って欲しいものです。
本当に自民党が日本をダメにしている。
今国会での法制化は無理となってしまったが、
1日も早く法制度化して、子供や肺に疾患を持っている人に
タバコの害が及ばないようにして欲しい。

0 件のコメント: