Translate

2017年7月5日水曜日

文書を隠して大出世

森本学園問題の時に、税務省の代表として、
土地が8億円も安くなった理由などを問われた時に、
その値引きの根拠とされる資料について国会で答弁した時、
「ない」「ありません」「わかりません」「知りません」
と答弁した財務局の佐川氏が、国税庁長官に大出世を果たした。
http://www.asahi.com/articles/ASK6Y5VSLK6YULFA031.html
というニュースを見た子供の反応「すごいあからさまなことするんだね、わら」
日頃から政治の話をしてきたので、子供でもこの反応。
政府のウソに協力すれば出世できますよ、という人事だ。

ツイッターの反応も面白い
https://twitter.com/hashtag/%E4%BD%90%E5%B7%9D%E7%90%86%E8%B2%A1%E5%B1%80%E9%95%B7
「ああいう答弁をすると出世するんだ」
「大きなご褒美だこと」
「税金払うのばかばかしい」

国民をバカにして、都議選でおしおきをされてもまだ懲りない。
さらには国会の閉会中審査も、わざわざ安部さんがいない時にやるとか、
この政府は本当に国民をバカだと思っている。
安部さんは、街頭演説にブーイングをした人に向かって
「あんな人たち」と言っていたが、国民に向かってこんな事言ってはいけない。
たとえ犯罪を犯して服役中の人でさえ、総理大臣にとっては大事な国民のひとり、
という感覚が全くない。
気に入らない国民には「あんな人」
大事な友達には、法を変えても優遇。
いい加減にしてくれないかな。
でも、毎日毎日国民感情を逆なでするようなことを、
次の選挙までずっと続けてくれれば、それはそれでいいと思う。
国会からも自民議員がいなくなれば、きっといい国になる。
東京では、都民ファーストが、年2億円も税金を無駄に使う公用車の廃止を
さっそく発表した。
がんばれ、都民ファースト、私の一票も入れました。
きっと東京はよくなる。

ありません、知りませんの連発を聞いて思いだしたが、
今子供たちがカラオケに行くと、必ず歌う曲があるという
吉幾三の「オラ東京さいくだ」です。
みんな知ってて、すごく流行っているらしです。
文書もない、記憶もない、メールも証拠はなんにもない、ってか。

0 件のコメント: